前回の続きになりますが

その後起きてもやっぱりまだ眠くてまた寝てしまったのですが、今度はまじでアリアちゃん出てきましたw

おお、ついにキタ────(゚∀゚)────!!!!と心では思っているのですが、体はなぜか金縛り。
ちょwwwwおまwwww何でこんな時にwwwww
っと思いつつ、これはもしかしてリダンツのチャンスじゃね?とかも思って、体をおもいっきり力を入れて捻ったところ…

ベッドから落ちそうになりました_| ̄|○
何か金縛りも夢の中でなってただけのようですね(;´Д`)
でもまぁ一瞬だけでもアリアちゃんに会えたからよしとするか(ぁ

という訳でどうでもいい前振りは置いといて、第七話いっきまーす♪



May.14.2009(Thu)14:03 | Trackback(0) | Comment(0) | ヘタレ小説 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)